yokayocafe

記事一覧(74)

【新山みりょくびと】平谷光子さん

プロフィール昭和十七年四月生まれの七十五歳。愛称は「みっちゃん」。岡山県高梁市で生まれ育ち、二十一歳の頃、現在のご主人との結婚を機に新山に嫁いで来られました。新山に来てすぐに始めたそろばん教室は昨年の二月まで、なんと五十一年間続け、新山の子どもたちの成長を支え、見守り続けてこられました。地域の働き者そろばん教室だけではなく、農協に勤め、織物や縫製の内職をしたり、小包の配達をしたり等、様々な仕事をしてこられました。また、公民館の広報や婦人会、更生保護婦人部などの地域の役回りもこなし、新山の人は知らない人がいないほどに、地域のことを知り尽くしていきました。ところが、忙しく走り回る毎日の中で、乳がんや子宮がんを患います。しかし、「その困難があったからこそ、人の気持ちも分かるようになった」と、前向きに、芯のある声で話してくれました。親の姿を見て新山の地域の特色について尋ねると、「地域の色んな行事の中で、親の姿を子どもがいつも見とるじゃろ。それで親の考えも受け継がれていく。子どもにとって、親と一緒に何かできることはどれだけ良いことか」と、世代を超えていい地域をつくる秘訣について話してくださいました。最後に画用紙には「後継者をつくりました」と書かれました。「後継者」とは、光子さんの姿を見て育った息子さんご夫婦であることはもちろんですが、半世紀に渡り、そろばん教室で指導してきたたくさんの地域の子どもたちもそうなのではないでしょうか。編集後記「こんにちは!」と、みっちゃんの声が響けば、その場がパッと明るくなるような印象をいつも受けていましたが、そう感じている方も多いのではないでしょうか。その過去には様々な苦労があり、乗り越えた強さがあったからこそ、子どもたちのことや地域のことを人一倍思いやり、行動し続けてこられたということを、改めて知ることができました。そのような努力によってこれまで守られてきた新山の良さを次世代に繋げていくお手伝いが私にもできればと、感じました。

【新山みりょくびと】 稲葉成夫さん

<プロフィール>昭和17年10月生まれの74歳。5人兄妹の長男で、生まれも育ちも笠岡市山口。愛称は「のりちゃん」。移住後すぐに私たちに田んぼを貸して頂き、同時に農業の先生をして頂いています。<兼業農家として生きる>長男として生まれたときから家・土地を守るものとして育ち、高校卒業後も地元の井笠鉄道にて勤務する傍ら、先祖代々受け継いだ農地で農業を行う日々を送ってきました。井笠鉄道では総務関係の仕事をしながら定年退職後も70歳になるまで勤め上げました。農業の仕事は中学生のころから現在までなんと60年近く続けており、お米や野菜のほかにも柿や桃などの果樹も育ててきました。他に仕事を持ちながら同時に農業を行うのは非常に大変だったと思いますが、「そういう運命なんです」とニコリとしながら受け答える稲葉さんの柔らかい笑顔が印象的でした。<こだわりの農法>半世紀以上にわたって農業に取り組んできた稲葉さんですが、出来る限り環境負荷を減らし自然の力を最大限に生かす農法を昭和50年頃より行っています。今でこそ有機農法や自然農法は一般的なものとして知られてきましたが、当時はなかなか周囲に理解してもらえず苦労されたようです。それでも続けてこられたのは「健康な食べ物を口にしたい」「家族に健康でいてほしい」という強い思いからでした。できるだけ自然に優しい農業をおこなうことで、健康な作物が育ち、自然とも共存できるという信念を心に宿す稲葉さん。「農業に関心を持つ人が増えてくれると嬉しい」と語りました。<編集後記>新山に移住後、地域の中で最も長い時間を過ごしているのが稲葉さんですが、今回お話をお聞きとても良い方に巡り合えたなあと感じました。私も現在除草剤や農薬を使わずに米や野菜を育てていますが、日々その難しさに直面しています。それでも土に自然に触れながら、稲葉さんに教えてもらいながら、少しずつ学んでいけるこの環境はとても貴重でなものだと改めて感じた取材となりました。【お知らせ!!!】6/24(土)稲葉さんと行う田植え体験実施します★詳細はこちらから